学校法人大阪医科薬科大学

メッセージ

理事長からのメッセージ

学校法人大阪医科薬科大学は、学校法人大阪医科大学と学校法人大阪薬科大学の法人合併により、大阪医科大学、大阪薬科大学、高槻中学校・高等学校を有する医療系総合大学・中等学園として、平成28年4月1日に誕生しました。

本学法人は、寄附行為第3条に「この法人は、教育基本法及び学校教育法並びに私立学校法に従い、学校等を設置し、国際的視野に立った教育、研究或いは良質な医療の実践をとおして、創造性と人間性豊かで人類の福祉と文化の発展に貢献する人材を育成することを目的とする。」と掲げ、人間性豊かな良質の医療人及び次世代のリーダー・グローバル人材の育成を使命としています。

日本最初の5年制医学専門学校として昭和2年に設立された大阪医科大学は、今日まで90年にわたり9千余人の優秀な医師を輩出し、併せて、同様の歴史を持つ看護教育により4千余人の看護師が誕生しています。

また、明治37年創設の110年の伝統と歴史を持つ大阪薬科大学は、これまでに約2万余人の卒業生を社会に送り出し、病院、薬局、製薬メーカー、官公庁、教育機関などの幅広い分野で我が国の薬学教育における中心的役割を果たしています。

中等教育機関である高槻中学校・高等学校は、昭和15年の創設以来、中高一貫の教育を忠実に実践し、1万4千余人の優秀な人材を輩出してきました。近年は、文部科学省から指定されたSSH (スーパーサイエンスハイスクール)やSGH(スーパーグローバルハイスクール)に基づく特色あるカリキュラムに取り組むとともに、今後は男女共同参画社会の実現に寄与するべく共学化し、次世代のリーダー・グローバル人材を育成してまいります。

本学法人は、我が国の人口構造と社会情勢の変化を見据え、次世代を担う良質の医療人の養成、並びに医学・薬学・看護学が連携・融和する先進的医療体制の構築・提供を目指し、特色ある学際的教育・研究とチーム医療教育を推進し、加えて幅広く志望大学への進学に資する次世代人材を育成するなど、魅力ある学校作りを行うとともに、教育、研究並びに医療を中心とするCenter of Community として、本邦でも最優の特色ある医療系総合大学・中等学園への発展を目指し、一丸となって邁進してまいります。

学校法人大阪医科薬科大学 理事長(前 学校法人大阪医科大学理事長)植木 實

学校法人大阪医科薬科大学
理事長
(前 学校法人大阪医科大学理事長)
植木 實

略歴
大阪医科大学卒業、同大学院修了(医学博士)。同大助手、助教授を経て平成7年に教授。専門は産婦人科学。大阪医科大学病院長、大阪医科大学学長を経て平成22年から理事長

新学校法人大阪医科薬科大学 合併記念対談

学校法人大阪医科薬科大学 理念と目的・使命・ビジョン

  1. 理念と目的
    国際的視野に立った教育、研究或いは良質な医療の実践をとおして、
    創造性と人間性豊かで人類の福祉と文化の発展に貢献する人材を育成する。
  2. 使 命
    医学・薬学・看護学の教育研究或いはそれらの実践をとおした次世代を担う良質な医療人の育成
    並びに魅力ある中等教育の実践をとおしたグローバル人材を育成する。
    また、病院施設では高度安全な医療を地域社会に提供する。
  3. ビジョン
    教育・研究・医療を中心とするCenter of Communityとして本邦有数の医療系総合大学・学園への発展を目指す。

ページの先頭へ