1. ホーム
  2. 法人について
  3. 学校法人大阪医科薬科大学の耐震化率について
本法人が設置する施設の耐震化率は、72.15 %です。(2021年4月1日現在)


※「私立学校校舎等実態調査」(文部科学省)に基づき算出。

(分母) 「実態調査」対象施設の延床面積合計  168,047 ㎡
(分子) a または b に該当する建物の延床面積の合計 121,256 ㎡

a 新築年月日が1981 年( 昭和56 年) 6 月1 日以降の建物 110,757 ㎡

b 新築年月日が1981 年( 昭和56 年) 5 月31 日以前の建物のうち、耐震診断を実施済で、耐震性能を有しているあるいは耐震補強済(2020 年4 月1 日現在、補強工事中含む)の建物 10,499 ㎡



大阪医科薬科大学 耐震化計画

建物区分
学内での
建物区分
新築・新規
購入面積
(㎡)
解体面積(㎡)
延床面積
(合計:㎡)
2021年度(令和3年度)        
附属病院 付属施設 2,552    
大学 学生施設 1,099    
大学 学生施設   962  
大学 その他 1,620    
大学 薬学部 35,010    
耐震化済建物延床面積     124,169
建物総延床面積     168,955
耐震化率 ①/②     73.5
 
2022年度(令和4年度)        
附属病院 診療施設 28,560    
附属病院 診療施設   7,927  
耐震化済建物延床面積     152,729
建物総延床面積     189,588
耐震化率 ①/②     80.6
 
2024年度(令和6年度)        
附属病院 診療施設 29,907    
耐震化済建物延床面積     182,636
建物総延床面積     219,495
耐震化率 ①/②     83.2
 
2026年度(令和8年度)        
附属病院 診療施設   14,720  
耐震化済建物延床面積     182,636
建物総延床面積     204,775
耐震化率 ①/②     89.2
 
2027年度(令和9年度)        
附属病院 診療施設   18,279  
附属病院 その他 19,360    
耐震化済建物延床面積     198,984
建物総延床面積     205,856
耐震化率 ①/②     96.7
 
2028年度(令和10年度)        
附属病院 診療施設   4,820  
大学 研究所   2,052  
大学 研究所 2,000    
耐震化済建物延床面積     200,984
建物総延床面積     200,984
耐震化率 ①/②     100.0